二人の愛の証!結婚指輪にまつわる豆知識や基本情報をご紹介いたします!

当サイトは二人の愛の証ともいわれる、結婚指輪にまつわる豆知識や基本情報をご紹介しています。
マリッジリングは素材を最も重視して選ぶことが大事です。
長く身に付けるものであるため、納得の指輪を手に入れることをおすすめします。
このサイトではマリッジリングのデザインで注意したい事についても触れています。
リングにも様々なデザインのものがありますが、二人にピッタリのものを選ぶためにも知っておきたい情報となっています。

二人の愛の証!結婚指輪にまつわる豆知識や基本情報をご紹介いたします!

結婚することが決まったので結婚指輪の購入を考えている人もいるのではないでしょうか。
結婚式で交換をして、毎日身に付けることも少なくない結婚指輪の豆知識としては、一般的にプラチナやゴールド素材のものが多いということが挙げられます。
これらの貴金属は、価値が高いものであるため大切な結婚という機会に相応しい品質です。
結婚指輪は鋳造や鍛造がありますが、特に現代では鋳造製法で作られていることが多いという特徴があります。

結婚指輪とは既婚者である事を公にし戒めにもなり毎日身に着けお守りの役目も果たします!

結婚指輪とは結婚式のチャペルや神前で、指輪の交換を夫婦がするためのアイテムという見方をする人が多いです。
だが単に、巨星気で用いられるアイテムにととどまらず、社会的役割を果たしてくれています。
結婚指輪とは、公に物を言わずとも既婚者であることを示します。
これはある種社会的信用であり、他の人の介入を阻止してくれる役割を果たします。
結婚指輪をしている男性や女性をみると、きちんと家庭を持ち信用のおける人と感じることができます。
さらにリングを身に着けているのを見ると、独身者は恋愛や結婚対象者から外すようになります。
この効果は夫婦にとって円満な家庭生活を築くために重要な役割をはたします。
そして結婚指輪をはめていると、自信も気が引き締まり戒めにもなるのです。
夫婦としての自覚をもち、仕事にまい進したり、他の異性に浮気心を持ったり不貞を働かないという戒めとなり、夫婦にとってお守りにもなってくれるといえるでしょう。

みんな気になる!結婚指輪の年代別価格相場について

結婚してから長く身につけ続けることになる結婚指輪ですが、どのぐらいの費用相場なのか気になる人が多いのではないでしょうか。
一般的には20~30万円前後で購入するカップルが多いですが、結婚する年齢によって年収や貯金などが異なるので、年代別に見てきましょう。
まず20代から見てみるとまだ経済的に余裕がない世代であることもあり、結婚指輪はおよそ4割の方が20~30万円前後で購入していますが、2割程度は20万円未満で購入しています。
30代になると少し経済的に余裕が出てくることから少し費用相場が上がる傾向があり、やはり20~30万円程度で購入する人が最も多いです。
40代ともなると身につけるアイテムは高めのものを選びたいと考える人が多くなり、20~30万円程度が多いものの、4割程度が30万円以上の結婚指輪を選んでおり、20万円以下のものを選ぶ人が少なくなる傾向にあります。
20代よりも経済的に安定する30代や40代と年代が上がるごとに購入価格も上がっています。

人気ブランドの結婚指輪を選んだ際の費用相場について

結婚指輪で購入率の高い人気のブランドといえば、「カルティエ」「ティファニー」「4℃」「俄」あたりです。
過去の購入者を参考にブランドごとに相場をみてみると、10万円以下なら4℃、10万円~20万円ならティファニーや俄、20万円以上ならカルティエとなっています。
ただし結婚指輪の装飾によって価格は変わるので、相場は一概に出せるものではありません。
例えば、カルティエでも石のついていないシンプルなものなら10万円台から購入することも可能ですし、ダイヤモンド付きならグレードや装飾する個数によって50万円を超えることもあります。
結婚指輪の全体の予算平均は2本で20万円~30万円となっているので、高級志向で求めると割高にはなります。
しかし、最近では婚約指輪を購入しない代わりに結婚指輪を奮発するというカップルも増えてきているので、購入率が高い10万円~30万円を超えるカップルも少なくはありません。
二人が納得できる形を考えて予算を組むことを考えましょう。

結婚指輪に用いられているダイヤモンドの価値やグレードの見極め方

結婚指輪に用いられるダイヤモンドには、4つのCでグレードを見極めることが出来ます。
それによって指輪の価値にも影響があるので、購入する前にきちんと確認をしておくべきです。
ハイグレードなダイヤモンドは希少性が高く、高価なものが多いので憧れる女性も多いかもしれません。
価格は抑えたいけれどクオリティにもこだわりたい人には、この4つのCの各要素が重要になってきます。
これらを理解することで、二人に相応しい結婚指輪を探すことが出来るでしょう。
価値の高いものを選びたい、というときにこの4つのCは「クラリティ(透明度)」「カット(輝き)」「カラット(重量)」そして「カラー(色)」です。
結婚指輪はデザインによってもダイヤの大きさを変えることになるので、まずは自分たちの予算やデザインを考えてスタッフに相談してみるのもお勧めです。
結婚指輪はダイヤを小粒の物にして、ほかにも指輪を記念日に贈るという人もいるようです。

結婚指輪選びで大事な具体的ポイントその①プラチナやゴールド等純度の高い素材選び

結婚するにあたり用意しなければならないリングがあります。
それは結婚指輪というものです。
結婚式の日取りが決まり、挙式で夫婦が結婚指輪を交換するのであれば必ずその日まで準備しないといけません。
単に挙式の為のアイテムということではなく、その結婚指輪は生涯死ぬまで身に着けられるリングなので、購入する時には気を付けるべきポイントがあります。
それはまず日常生活における衝撃や摩擦に強いリングでなければ成りません。
皿を洗ったり、重い荷物を持ったり、子育てに仕事において邪魔になったり、衝撃に弱くては一生身に着けることが難しくなります。
そのため、プラチナやゴールドなど衝撃や摩擦にも強く、変形しにくい素材のものを選択する必要があるんです。
混じるものが少なくゴールドやプラチナの純度が高いものが、摩擦や衝撃に強くお勧めです。
シルバーであると変色や劣化が甚だしく、衝撃にもすぐに変形するので避けた方がよいです。
デザイン性が凝ったよりもシンプルなものを選ぶのも大事です。

結婚指輪選びで大事な具体的ポイントその②一文字など流行に流されず飽きないデザイン

"結婚指輪を選ぶ時に、流行に流されたデザインにしてしまうと後悔するというよりも、年を取っても薬指にはめていて可笑しくないデザインが好ましいとされています。
最も、結婚指輪で記念でそのときの流行にして思い出としてわかりやすく、という方達も居るのかもしれませんが。
まあ、あの年取って浮いてる感じになるのが恥ずかしくなるので無難なデザインにしておいた方が良いということです。
しかし、はやってるとか、そういう問題ではなくデザインにこだわってオーダーをすることはできます。
結婚相手とともによく、相談したりリサーチをすることも大切です。
まあ、あまり派手にせず、無難な価格帯だったりコストもそこまで掛からないのを中心に考えておいた方が良いですね。
なぜなら、かなり掛かる会計になることが多いし、子どもができたらまたということが少なく有りません。
二人の門出で晴れ舞台はそうなのですが、続けていくことを考えて選ぶおkとが大切ですね。
"

結婚指輪選びで大事な具体的ポイントその③修理や保証が充実した宝石店の選定

結婚指輪は多くの夫婦が身に着けています。
そのリングはまさに夫婦であることを証明した愛の証であり、社会的信用を公にするアイテムでもあるんです。
結婚指輪を身に着けると夫婦ともが身が引き締まる思いになり、家庭人としての自覚を持つこともできます。
浮気をしない、不貞を働かない、子や妻のために責任をもって一生懸命働くなどの戒めにもなってくれるアイテムです。
この結婚指輪をどこで買ったりするべきか、その宝石店の選び方が和有らずに困惑している人も少なくありません。
この場合まず修理や保証が、しっかり充実している店舗をえらぶこともポイントだと言えます。
結婚指輪を毎日身に着けると、衝撃や摩擦、仕事や家事で変形することもあります。
そして年齢とともに体形や体重が変わり、大きくなったり小さくなってはめられないことも見られます。
このような場合に迅速に対応し、修理やサイズ直しをしてくれる店舗を選ぶことが代位なことが自ずとわかってくるでしょう。

結婚指輪選びで大事な具体的ポイントその④サイズ直しが無料などサービスが充実の店選び

結婚指輪は、結婚することを決めた夫婦が身に着けるリングです。
愛を誓いあい、家庭生活を円満にしていくことの約束でありその証でもあります。
他者には結婚指輪は既婚であることを暗黙に伝え、社会的信頼を得ることもできます。
第三者の異性の介入や不貞行為の抑止力にもなり、お守り代わりにもなるんです。
この結婚指輪をどこで購入すべきか困惑する人も少なくありません。
この場合にはまず、サービスが充実している店舗やブランドを選ぶことが大事なのです。
マリッジリングにはサイズ直しなども必ず必要になります。
サイズ直しが無料であったり、クリーニングや修理なども無料で請け負ってくれる店舗やブランドを選ぶことがおすすめなんです。
ブランドや店舗によっても差0ビスは多種多様であり、購入したカップルには、高級フレンチレストランでの食事券を一階分進呈するなどユニークなものも見られます。
リングの内側に愛の言葉やネームを入れてくれるサービスも良く見られます。

結婚指輪選びで大事な具体的ポイントその⑤ダイヤモンドの指標4Cを理解して買いに行く

ダイヤモンドの結婚指輪を買う前に4Cを理解することが大切です。
これはダイヤモンドに品質の高さを示す指標で、目利きができなければ最高の結婚指輪を用意できません。
カラットは大きさのことで1.0ctは0.200gとされ、大きい物ほど希少性が高いです。
カットはエクセレントに分類されれば、ダイヤモンドの輝きを存分に引き出すカット方法であることを示します。
結婚指輪にはラウンドブリリアントカットが定番で、効率的に光を反射している形であるかカットグレードが決められています。
カラーはその名の通り色のことで、本来持っている色が影響します。
結婚指輪には無色のダイヤモンドが一般的ですが、わずかに色が付いているだけで価値は大きく変わります。
クラリティは透明度で内包物と傷の少ない物ほど評価が高いです。
内包物の場所によってはカットや研磨を行っても残ってしまうので、せっかく形が綺麗でもうっとりするような輝きを放てません。

結婚指輪に関する情報サイト
結婚指輪にまつわる豆知識

当サイトは二人の愛の証ともいわれる、結婚指輪にまつわる豆知識や基本情報をご紹介しています。マリッジリングは素材を最も重視して選ぶことが大事です。長く身に付けるものであるため、納得の指輪を手に入れることをおすすめします。このサイトではマリッジリングのデザインで注意したい事についても触れています。リングにも様々なデザインのものがありますが、二人にピッタリのものを選ぶためにも知っておきたい情報となっています。

Search